痛風は悪化する前に|食事でどうにか発症前に防げ

4人の男性達

ホルモンによる体調不良

生薬

ホルモンが原因の体調不良

人間の身体は37兆個の細胞によって成り立っています。この細胞の働きに対して、生理的に活性化させる物質がホルモンになります。ホルモンにはおおまかに男性ホルモンと女性ホルモンがあり、それぞれのホルモンがバランスよく作用することで身体の健康を維持することができます。ホルモンの供給源は主に生殖器から発生するものになります。男性の場合には生殖器は永久的に機能するため、それほど大きな影響はありませんが、女性の場合には閉経を伴うためホルモンの供給が生理的に大幅に低下します。この大幅に低下したさいに発生するのが更年期障害と呼ばれるものです。更年期障害はホルモンバランスが崩れることで心身の能力の低下をもたらし、重症化すると生活にも支障が出る可能性があります。

改善するためには

更年期障害を改善する方法としてはホルモンバランスを保つことです。このため重症の場合には治療方法としてホルモン注射を行うケースもあります。しかし、殆どの更年期障害は軽度とされます。またホルモンの供給源は生殖器以外にもあり食生活を見直すことで改善するケースもあります。一方で昔からの治療法としては漢方薬を用いた方法があります。漢方薬では、加味逍遥散や桂枝茯苓丸、柴胡加竜骨牡蛎湯などが用いられます。いずれの漢方薬もホルモンに直接影響するのではなく身体をリラックスさせることで更年期の障害を改善するというものになります。漢方薬は効果が効き出すまで多少時間がかかってしまうものの、副作用などはほとんど無く他の薬との飲み合わせも良いという大きなメリットがあります。また体に対する負担も少ないため、お年寄りでも利用しやすい薬と言えるでしょう。

Copyright© 2016 痛風は悪化する前に|食事でどうにか発症前に防げ All Rights Reserved.